「ついやってしまう」体験のつくりかた:「面白い」と思わせる体験を提供したい人にオススメの一冊。

雑記
Yuki
Yuki

こんにちは、Yukiです。知人に勧められて一気読みするほど面白かった一冊を紹介します。体験ホストとして最高の学びとなりました!

今回読んだのはこちら!

著者は任天堂でWiiの企画担当もしていた玉城 真一郎さん。

本書はゲームの構成を例にして、「どうすればユーザーに面白いと思わせる体験がつくれるか」について書かれているので、

俺の体験こんなに魅力的なのに、なんで誰も分かってくれないんだろう??

と悩んでいる人にこそオススメの一冊です。

Yuki
Yuki

本書中から、ツアーガイドにも活かせると感じた点について紹介したいと思います。

どうやったら人の心を動かす体験がつくれるか

これが本書のテーマになります。

僕自身も、ツアーを提供していると

Yuki
Yuki

(こんなに面白い/特別な/魅力的な体験を紹介しているのにどうしてゲストは思うように楽しんでくれないの??)

なんてついつい思ってしまうことがあります。

ゲームの世界でも開発者さんは同じようなことを考えてしまう様です。

そもそもの問題点として著者が挙げるのは

「ゲームはどうやって心を動かしているのか?」がハッキリしていない

点とのこと。本書ではそんな心を動かす体験のつくり方を体験デザインと呼び、その詳細について紹介しています。気になる方はぜひ実際に読んでみてください!

体験デザインとは人の気持ちを考えること

ゲームに関わらず、あらゆるサービス業に言えることだと思います。

「〜〜をしたらユーザーはどう感じるのだろうか?」

喜ぶ?驚く?つまらなく感じる?

発生するイベントの前後でユーザーがどのようにものごとを感じるのだろうか?ということを考えなければ面白い体験は生まれません。

ツアーガイドもこの体験デザインの視点を必ず持つ必要があるなと学びました。

自発的に学んだことは、一生否定出来ないほどに深く信じる

どれだけ周りから言われて行動するよりも、自分で考えて動き、その結果失敗/成功する体験の方がユーザーの心に深く残ります。

僕のツアーではオススメのアニメグッズショップを数店周るのですが、その際にいつもこう伝えてます。

Yuki
Yuki

店によって相場が全然違うから、一通りの店を見て回って価格の比較をしてから買った方がいいよ!

でも言っても聞いてもらえず、みなさん気になったものに飛びついて即購入します。

その後、違う店で同じ商品がもっと安い価格で売られているのを見て「さっきすぐに買うんじゃなかった、、、orz」とガッカリ。

この経験を通してゲストは、「店によって値段がバラバラだからしっかり比較して賢く買い物しよう」と身をもって学ぶみたいです笑

欲しいグッズをすぐに購入(試行)

他の店で同じグッズを、より安い価格で発見してガッカリ(失敗)

次は無駄遣いしないよう比較検討して購入(試行)

今度は比較した中で最も安く購入(成功)

買い物ひとつ取っても、

試行→失敗→試行→成功

このサイクルを経てゲストはより良い法法を自分で学びます。

誰でもない自分自身が身をもって体験できる、ツアーの醍醐味がここにあると思います。

だからこそ、全てホストからああしろこうしろと案内するのではなく、ある程度ゲスト自身に体験を促すことも大切なのではないでしょうか。

Yuki
Yuki

そもそも、話しただけで伝わるようなら体験に参加しなくても文章や動画で十分満足しちゃいますよね笑

「わかる」は「良さ・正しさ」よりも大切

どんなに質の高いおもてなしをしたとしても、その価値や希少さが全く伝わらなければゲストにとっては同じものとしての評価を受けます。

例えば、ゲストにA店/B店の異なるレストランを紹介する場合を想定してみましょう。

A店は一流食材を使った高級料理店。でもその良さを説明してくれるメニューやウェイターは存在しません。

B店は下町のよくある料理店。気さくな店主はその料理がどんなに美味しいか、どんな手間ひまをかけて作ってくれたのかを感情たっぷりに紹介してくれます。近隣住民からの評判も上々です。

現地に住んでいる人ならともかく、海外から来た日本の飲食店事情を全く知らない人がこの二者を比べたらどちらに分があるでしょうか?

おそらく、B店の方でしょう。

「料理の質」はこの際大した問題にはなりません。

「その料理が如何にして作られたか、なぜ美味しいのかがわかりやすく紹介されている」ことこそが大事なのです。

なぜなら、料理に限らずそのサービス/商品の価値がユーザーに分かりやすく紹介されていて初めて評価されるものだからです。

更に言えば、度を超えてレベルの高いサービス/商品の価値を一般ユーザーは見分けることができません。テレビでやってる芸能人格付けチェック(下画像)を見たことのある人なら共感できますよね?

僕はいつも高級品を当てられず恥をかきます、、、笑

だからこそ、誰にでも分かりやすい指標が必要なんです。

まとめ

本書で紹介されているゲームの構成を例に挙げての面白い体験のつくりかた。とても分かりやすく勉強になりました。

実際僕もゲームをするひとりのユーザーとして、「わかるわかる!確かにそういう風に感じるよなぁ〜!!」

と思うと同時に、「ゲームを構成する人はユーザーの心の動きをそこまで想定して体験づくりをしているのか」とハッとさせられました。

Yuki
Yuki

同じく体験を提供する者として、今後はゲストの心の動きを意識した構成を心がけようと思います!

Follow me!

体験ホストになりたい方へ

「ツアーガイドに興味がある、Airbnbでツアーを初めてみたい!」という方はコチラから登録が可能です。

始めてみたいが登録がややこしそう、、、

自分の英語スキルで外国人の対応が出来るか不安、、、

この様な方々への対応、登録サポートの実績があります。ご安心ください!

少しでも「Airbnb体験ホストに興味がある!」という方は@akibatourまでお気軽にDMください!!

僕のツアーに参加してみませんか?

アキバツアーページキャプチャ

また、秋葉原エリアでのガイド場所やアニメ好きな外国人への対応方法について興味がある方は是非僕のツアーに参加してみませんか?

アニメ・サブカル好きな外国人のツボを抑えることに関しては自信があるので、「アニメ・オタクネタを絡めての観光案内」「友達目線でゲストを楽しませる方法」について知りたい方にはオススメです!!

ツアー内容:Akiba Tailor-made Tour for Anime Fans

http://www.airbnb.com/tokyo_akibatour

ツアージャンル:カルチャーウォーク

日時:ゲストがいる日にご同行頂く形になります。

料金に含まれるサービス内容

  • 秋葉原エリアの観光案内
  • 集合直後集まるカフェでのワンドリンク(メイドカフェへ行く際の料金はご負担ください)

料金:10,000円/1名 特別料金2,000円/1名でご提供!

こちらも@akibatour(TwitterまたはInstagram)まで、ご連絡お待ちしてます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました