マレーシア2週間滞在レポート〜下準備・荷造り編〜

雑記
Yuki
Yuki

こんにちは!アキバツアーガイドのYuki(@akibatour)です。クアラルンプールに来て4日目、初めてのマレーシアですが思った以上に快適に過ごせているなと思います。

良かったね、やっぱり事前に結構準備したの?

Yuki
Yuki

いえ、むしろ逆です。殆ど準備はしませんでした。

え、どういうこと??

Yuki
Yuki

僕が旅行の準備を始めたのはフライト前夜、そして持っていった荷物はたったの4.5kgでした。

そんな装備で大丈夫か?

Yuki
Yuki

それが案外そうでもないですよ、むしろモノが少ないほど旅は楽しくなると僕は思ってます。今回は物を少なくするメリットと、荷造りをする際のこだわりについてまとめていきます!

モノを少なくするメリット

普段自分の馴染みがない土地に行くんだから、やっぱりしっかりモノを揃えた方がいいんじゃないの?

Yuki
Yuki

もちろんモノがあった方が安心、という場面があるのも頷けます。でもモノが少ないことで便利になる点も。理由は以下の3つです。

モノを少なくするメリット①移動がラク

Yuki
Yuki

第一に、旅行先では長距離の移動を強いられることがあります。特に初日と最終日、空港から滞在先までの移動でスーツケースや重い荷物を運んでの移動は想像以上に体力と精神を奪われるもの。。。

確かに、異国の地で疲れている時に重い荷物があるとさらにしんどくなるよねぇ。。

Yuki
Yuki

少ない荷物だとフットワークも軽くなるし、盗難のリスクも減るので安心して旅行できるのも強みですね。

モノを少なくするメリット②飛行機チェックイン時&到着時がかなりラク

Yuki
Yuki

そして荷物が少ないと空港チェックインがラク!

機内持ち込み荷物としてスーツケースを持っている場合専用の手続き、場合によっては追加料金を払うこともあります。でも手荷物に収まる範囲(主に7kg以内)なら何も考えずにチェックインが可能なんです。

それは確かに魅力的だね、機内持ち込み荷物が無いのなら向こうの空港に到着した時もベルトコンベアで待ちぼうけ、、、なんてこともなくすぐに移動できるのはストレスフリーだよね!

Yuki
Yuki

そうなんですよね。モノが少なければ少ないほど、無駄に待つ時間やコストがかからなくなるのは一種の快感ですよ笑

モノを少なくするメリット③必要の無いモノを買わずに済むようになる

Yuki
Yuki

そして面白いことに、「モノを少なくしよう」という意識を持ち始めると「これは本当に必要なのか?」「買わなくても旅行を楽しめるんじゃないか?」と考えるようになるので常に動きやすい状態で旅行を楽しめます。

旅行先だとついつい目新しいものに惹かれて衝動買いをしちゃいがちだけど、後になって冷静に考えると「これ、いらなくね?」って感じることはあるなぁ。。。それを避けられるっていうのもいいことだね!

旅行時の荷造りでこだわるポイント

モノを少なくすることのメリットはわかったよ、でもどうしたら実行できるのかな?

Yuki
Yuki

「断捨離しろ!」といきなり言われても難しいですよね。ここでは僕が旅行の荷造りをする際にこだわっているポイントを紹介します。

こだわりポイント①オシャレよりも動きやすさを重視

Yuki
Yuki

特に男性の方にオススメする内容。お洒落な格好を楽しみたい気持ちも分かりますが、

今回持参した衣服

Tシャツ3枚+その時着ていた1着

👖短パン2枚+その時着ていたジーンズ1着

👟シューズ1足(その時履いていたもののみ)

🧦下着、靴下4枚ずつ

必要最低限って感じだね、実際これで足りるもんなの?

Yuki
Yuki

足ります、そもそも長期滞在の場合は洗濯機・乾燥機を使うのが前提なので3,4着を着回せば十分。

どうしても必要なものは現地の服屋かコピー製品などを買ってその場で最後に捨てるなりすればOKです。

こだわりポイント②「大抵のものは現地でも買える」と理解する

Yuki
Yuki

日曜生活品や食料、化粧品、、、、普段使うものの大半は現地のコンビニやスーパーに行けば買えます。

僕が現地で購入するようにしてるもの
  • 歯ブラシ
  • シャンプー・リンス・ボディソープ
  • タオル
  • パンツ
  • 靴下
  • 食品全般

確かに、「これも必要かな?」と思ってモノを入れまくった結果リュックがパンパンになっちゃった経験はあるから、「滞在先でも買えるから大丈夫」って意識を持つのは大事だね!

別に無くても大丈夫!

Yuki
Yuki

ここまで話しましたが、「別に無くても大丈夫」という意識を念頭に置くことがモノを少なくまとめるコツだと思います。

モノより思い出を沢山得るためにも、最低限の荷物で最大限に旅行を楽しみましょう!!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました